2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミューパラ2月18日
腰痛で出来ひんかったミューパラレポをしちゃいま~す!!!

浦「さっ今夜はNEWSの錦戸亮くん登場で~す。1ヶ月ぶりお久しぶりで~す」
亮「どうも~こんばんわぁ」
浦「こんばんわぁ~」
珠「こんばんわぁ~」
亮「こんばんわぁ」
浦「仕事が終わったばっかりなんですけどもねぇ~」
亮「はい」
浦「亮ちゃんは~」
亮「全然大丈夫ですよぉ」
浦「まぁ今回新聞などで報道されてる事があるんですけれども」
亮「はい」
浦「ファンの皆がとっても心配しているし」
珠「うん」
浦「まぁ僕らもねっ」
亮「はい」
浦「スタッフ一同心配してるんですけど、ただ現時点では事務所で事実関係を調べているところなので、今の時点ではメンバーからコメント出来ないと伺っています。ABCにもそういうメッセージ頂戴してるんですけども」
亮「はい」
浦「もうそれ分かってます」
珠「はい」
浦「ただねこれからもミューパラとしては」
亮「はい」
浦「もうねっだってもうずっと1年近く登場してもらってますから亮ちゃん」
亮「はい」
珠「そうですよねぇ」
浦「もうずーっと応援して行きますから」
亮「あぁありがとうございます。頑張ります」
浦「これからも頑張って欲しいなぁ~っと思っています」
珠「頑張ってねぇ~」
亮「はい、頑張ります」
浦「今は?えぇ~EndlsSHOCKっていう堂本光一くんの舞台に」
亮「そうですそうです」
浦「出てられて」
亮「はい」
浦「2月の2月の6日に始まって」
亮「はい」
浦「3月いっぱいほぼ」
珠「わぁ~すご~い」
亮「そうっすねぇ~」
浦「2ヶ月間丸々?やるってこと?」
亮「あっいや、僕は3月は出ないんですけど」
浦「あっ!2月中?」
亮「3月1日からは翼くんがやるんですけど」
浦「あっなるほど。そうなんだ」
亮「はい」
浦「今井翼くんとチェンジなんですかぁ」
亮「そうですそうです。はい」
浦「2月中って言ったってまだもうちょっと先はあるんですが」
亮「はい」
浦「どういった役どころ?」
亮「役どころ?・・・」
浦「うん」
亮「まぁこの光一くん率いる、えぇ~カンパニーがありまして(笑)」
浦「うん」
珠「うん」
亮「(笑)それを光一君がナンバー1なんですけど、ナンバー2で僕が」
浦「うん」
亮「で、光一くんに」
浦「うん」
亮「ちょっとライバル志を燃やしながら」
2人「うん」
亮「そうですねぇ~」
浦「あの~」
亮「そんな感じですねぇ」
浦「亮ちゃん?」
亮「はいはい?!」
浦「ひょっとして台詞覚えるの精一杯で、あの背後関係分からずに演じてませんか?」
珠「(笑)」
亮「いえいえいえ、全然わかってますよぉ。僕こういうの説明すんの下手くそなんですよぉ」
珠「(笑)」
浦「カンパニーってなんなん?まぁファンの人はみんな知ってて」
亮「そうです」
浦「まぁ浦川は」
亮「カンパニーは同じ仲間っていうか」
浦「あぁ~」
珠「グループ?」
亮「はい」
浦「浦川何を分かってるような話聞いとんねんってなるかも知れませんが」
亮「いえいえいえいえ、全然」
浦「グループのNO2なわけ?」
亮「NO2です」
浦「おぉ」
珠「ふ~ん」
浦「で、光一くんとちょっと競いあったり?」
亮「そうですねぇ~いつも光一くんにこう光一くんを目指してっていうか追いかけ追いかけって感じですねぇ」
浦「あっNO2でとても仲が良いんだけど、ずっと光一くんが目標で」
亮「そうですそうです」
浦「心の中でライバル志で」
亮「はい」
浦「これ男同士良くあることやでぇ」
珠「いいねぇ~あるんだ」
亮 (笑)
浦「これ女性には分かんないと思うんだけどねぇ」
珠「ちょっと分かんない世界かも知んない」
浦「ごめん、僕も良く分かんない」
珠「何でよ~男性やろ!?(笑)」
浦「だってNO1とかNO2とかなったことないもん!」
珠「あっそう」
浦「う~ん。どうですか?光一くんとは」
亮「(笑)えっ?」
浦「お芝居しやすいですか?」
亮「今凄い盛り上がってましたよねぇ」
珠「亮ちゃん」
浦「いやいやごめんなさい」
珠「ごめんなぁ~ほったらかしにしてた大分(笑)」
亮「いえいえ、大丈夫ですよ」
浦「してないよぉーほったらかしに。いやどうなんかなぁ~光一くんとお芝居?もう何度もやってるもんねぇ~」
亮「そうっすねぇ~去年もやらさせてもらったし」
浦「うん。やりやすい?やっぱり」
亮「うん、まぁやりやすいって凄い、まぁ~やりやすいって僕が言うのもあれなんですけど(笑)」
2人(笑)
浦「ちゃんと事務所のねっ」
亮「凄いいい環境の中」
浦「うん」
亮「やらさせてもらってます」
浦「うん。休みはじゃ~ほとんど2月中はエンドレスSHOCKで無いわけですね?」
亮「は、無いですねぇ~」
珠「無いんですねぇ~。だってドリームボーイズん時からずっとですよねぇ?」
亮「そうですよぉ」
珠「休まず」
浦「1月からね~」
亮「うん。僕多分去年1年で10日も休み無いですよぉ」
珠「うわぁ~」
亮「10日ぐらいかな!?」
浦「あぁ~」
珠「浦ちゃん」
浦「何?」
珠「見習って下さい」
浦「すいません、お言葉返すようですけど僕も最近結構仕事してるんですよぉ~」
珠「仕事してるけど、もうブーブーブーブー言いながらやってるやろ?」
浦「そりゃー亮ちゃんかて何処かでブーブー言うてるやろそりゃー」
亮「えへへへへ~(笑)」
浦「東京のどこに居んの?今」
亮「今はあの~帝国劇場ですよぉ~」
浦「帝国劇場ってどこにあるの?」
亮「えっと、日比谷ですかねぇ」
浦「日比谷か~」
亮「はい」
浦「そこのじゃぁ楽屋から電話してくれてるわけか」
亮「そうですねぇ」
浦「周り誰がいっぱい居るんですか?人は」
亮「周り横山君が居ますよぉ」
浦「あらま!」
珠「おぉ~!!」
亮「今日横山くんが観に来てくれてて」
浦「へぇ~」
亮「ちょっと代わりますか?」
珠「マジで?マジで?マジで?」
浦「ちょっと代わってもらってもいい?」
亮「全然いいですよぉ~ちょっ待って下さいね」
珠「いや、凄い嬉しい」
浦「うん」
横「もしもし~?」
2人「もしもし~」
横「どうも~」
珠「裕く~ん」
横「お久しぶりです」
珠「お久しぶりで~す。珠久で~す。そして相方の」
浦「あの~ABCミュージックパラダイス浦川と申します。どうも初めまして」
横「初め、初めましてですねぇ~」
浦「いつもあの~声ラジオABCでも流れてますし、テレビでも拝見してますよぉ~」
珠「うん」
横「ありがとうございます。何かすいませんねぇ~錦戸が説明下手くそで」
珠「(笑)隣で聞いてどう思ってたん?」
浦「裕くんは観に来たんだよね?」
横「観に来てました。隣で錦戸喋ってるんでかなり失笑させて頂きました」
2人  爆笑!!
珠「マジでぇ~」
浦「どんな感じでしたか?お芝居は亮ちゃんの」
横「いや~良かったですよぉ~僕も不覚にも泣きそうになりましたからねぇ~」
浦「あっそう!?」
珠「ホンマに~」
浦「そういう感動巨編なんですか?」
横「結構錦戸がねぇ~おいしいところがありましてねぇ~」
2人「う~ん」
横「そこでちょっとウルッときましたねぇ~」
珠「きちゃった?!」
横「まだ観てない方是非ともねぇ~楽しみにして頂いた方が」
珠「ねぇ」
浦「あぁ~」
浦「エンドレスSHOCKって言うのは聞いたところによると、カンパニーのNO1とNO2って話でライバル志してるみたいですけど、今の話聞いてるとね」
横「はいはい」
浦「横山裕くん的には同じ関ジャニ∞として」
横「はい」
浦「ちくしょー!錦戸め~こんないい仕事しやがってってそう言うライバル心は?」
横「いや、それはねぇ~あるって言うた方がイイ良ければ「ある」って言いますけども」
浦  爆笑!!!
浦「複雑やなぁ~それ」
横「どうですかねぇ~」
浦「あっ!それと」
横「はい」
浦「裕ちゃん結構あのね、あの~珠久ちゃんと」
横「はい」
浦「仕事してるんですよねぇ?裕君」
横「そうなんですよぉ~」
珠「ねっ」
浦「あの~この人はちゃんと別の局では仕事してんの?」
横「いや、バッチリしてましたよぉ」
珠「おぉ~裕くんえらい!」
横「バッチリしてましたし、僕がこんなにガッチリ喋っても宜しいんですかねぇ(笑)」
珠「宜しいんですよぉ」
浦「宜しいんですよ~」
横「もの凄い申し訳ないんですけど~今」
浦「横山裕くんの今の一言が聞きたかったんですよぉ」
横「あっそうですか~」
浦「いや珠久美代子ABCでは全然仕事してくれないもんですからねぇ~」
珠「そんな事ないですよぉ裕くん」
横「あっそうですか~やっぱ局の何か区別してるんでしょうか?」
珠「してへんしてへん」
浦「良くお分かり!横山裕くん」
珠「裕くん!」
横「あの~ちなみに僕ら関ジャニ∞アルバム出るんで、そちらの方も宜しくお願いします」
珠「もちろんですねぇ~」
浦「そうですよ」
珠「3月15日発売ですよねぇ」
横「お願いします。そちらの宣伝も宜しくお願いします」
浦「来週のこのコーナーで」
横「はい」
浦「たっぷりお話させてもらうことになってますんで」
横「ありがとうございます」
珠「はい」
横「ちょっと、じゃぁ代わりますねぇ~ちょっと申し訳ないんで」
浦「はいはい、とんでもない」
横「すんません失礼しま~す」
浦「控えめな、またお願いします」
珠「は~いどうも~」
亮「は~いどうも~」
珠「帰って来た帰ってきた」
亮「はい」
浦「っと言うことで横山裕くん」
亮「はい」
浦「そして錦戸亮ちゃん」
亮「はい、そうです」
浦「おぉ~同じとこで話してるんなんて」
珠「いいですねぇ~何か」
浦「僕ら一般人から考えると想像できませんよね」
珠「そうですねぇ~」
亮「ホンマっすか!?」
浦「アイドル2人は狭い部屋でもって」
珠「うん」
浦「狭いかどうか失礼なことでねっ(笑)知らないですけど」
亮「まぁ狭いですけど2人でこう畳の部屋で寝転がりながら喋ってますよぉ(笑)」
珠「マジでぇ~いいなぁ~」
浦「軽いけど、これ仕事やでぇ~」
亮「いやこうリラックスした空間を僕はねっ自分で作ろうと思って」
浦「うん」
亮「提供して、その~まぁ~はい、すいませんでした」
浦「何ですか?(笑)」
浦「やっぱ寝っ転がってる声のトーンだもん何か」
亮「マジっすか!?」
珠「いいなぁ~なんかリラックスしてる感じで」
浦「これ僕ら文句言えませんよぉ~だってお芝居終わってクタクタでしょ?」
亮「いえ、大丈夫ですよぉ。全然大丈夫なんですけど」
浦「もう夕ご飯食べた?」
亮「夕ご飯・・・夕ご飯って!えーっと」
浦「仕事終わりの」
亮「夕ご飯は食べてないです」
珠「これから?」
亮「そうっすね」
浦「これ体悪するなぁ~」
亮「はぁい、飯の時間も惜しんで出さしてもらってます」
浦「ミューパラに、ありがとうございます」
珠「ありがとうございます。ほんとに~」
亮・横  (笑)
珠「笑ってる笑ってる隣で裕くん笑ってるで」
亮「すいませんすいません(笑)」
浦「これあの~すいません2人で笑ってると言うことは、全く心の中からの言葉じゃ無いって事ですよねぇ」
亮「いやいやいや」
珠  (笑)
浦「え~3月に入ってからNEWSのコンサート追加公演が始まるってことで」
亮「はい」
浦「名古屋と福岡と北海道と宮城、新潟と!この前横浜と大阪で1月にありましたよね?」
亮「そうですよ」
浦「それ以外回れてない地域を回るんですけども」
亮「はい」
浦「3月4月これもまた頑張ってもらいたいと思います」
亮「はい!ありがとうございます」
浦「でね、またこれ来週もねぇ亮ちゃん」
亮「はい」
浦「登場してもらうことになってるので」
亮「あ、マジっすか!?」
浦「たぶん同じ条件です」
亮「やった!」
浦「声が弱いなぁ~」
珠(笑)
亮「あの~来週はあの光一くんを頑張って呼んできます」
珠「おぉ!」
浦「えっ?」
珠「マジデェ~!!!」
亮「いや絶対出来ないです。すいません」
浦  大爆笑!!!
珠「何やもう!めっちゃ期待したでぇ今」
亮「だから来週そちらからオファー出しといてもらえれば」
珠「そうや」
浦「でも今ので光一君出しますからって言うっといて」
珠「うん」
浦「実際出ないくても番組的にはおいしいかったからね」
珠「おいしいおいしい」
浦「来週また聞いてもらえるってことで」
亮「そうですよ」
浦「あのねっテレビのバラエティでもCMの後まだ何かがって言うて何も起きないっていうパターンがねっ」
亮「あぁはいはい」
浦「良くありますから」
亮「はい」
浦「それと同じ事でも言い訳ですから」
珠「そうですねぇ」
亮「まぁ頑張ります僕は!」
浦「っという事で来週光一くんが出るということで」
亮 (笑)
珠「ありがとうございます」
浦「頑張ると言うことで」
亮「そんな嘘を堂々と言うんですか!?(笑)」
2人  笑
浦「テレビラジオ全部嘘や!」
珠「言い切ったでぇ」
亮「何それ!アカンよそんなん言うたら」
珠「アカンよなぁ~」
浦&珠 (笑)
亮「委員長」
珠「委員長って(笑)」
浦  大爆笑
浦「やめてください(笑)」
珠「いつから委員長になったん?!(笑)」
浦「亮ちゃんほんまに~」
亮「ホンマに」
浦「はい、来週またねっ登場してもらうんですけが」
亮「はい」
浦「来週はたぶん珠久美穂子居ませんから」
亮「あっマジっすか!?」
浦「えぇ」
珠「ちょっとお休みを頂きまして」
浦「もうクビなんですよぉ~」
珠「いやいやいやいや~」
亮「な、何で?どっか行くんですか?」
珠「ちょっと、あの~暖かいとこに行きたいなぁ~っと思って」
亮「はぁ!?」
珠「はぁ!?って、あぁ~」
亮「マジで~!」
珠「ごめんやでぇ~」
浦「あのね珠久さん?」
珠「はい」
浦「さっき僕がさっ」
珠「はい」
浦「亮ちゃんは10日しか休んでないのよぉ~ちょっとあなた聞いた?って言うたけど、そのままあんたに返すわぁ!」
珠「いや~」
浦「あんた何やねん!!」
亮「いいなぁ~」
浦「どう思う?亮ちゃん!」
亮「えっハワイですか?」
珠「そうです!」
亮「あぁ~いいなぁ~」
珠「すいませんホントに~」
亮「オアフ島ですか?」
珠「あ、はいそうです」
亮「あぁホンマに・・・」
珠「ちゃんとお土産買ってきますんで」
亮「あっマジですか?」
珠「はい」
亮「くだらないチョコレートとか要らないっすよ(笑)」
2人  爆笑!
浦「でも絶対そのパターンだよね」
珠「ドキっ!」
亮「ねっ」
珠「楽しみにしてて下さい!」
亮「はい!ありがとうございます」
浦「じゃぁまた来週登場お待ちしておりますんで」
亮「はい!」
浦「舞台頑張って下さい」
珠「頑張ってねぇ~」
亮「ありがとうございます」
浦「最後に」
亮「はい」
浦「曲を~ですねぇ~」
珠「そう」
亮「曲!?」
浦「何かかけたいなっと」
珠「いつも亮ちゃん、ほら迷うやろう?」
亮「曲・・・じゃぁ今回は~」
浦「一つ言うといて言いですか?」
亮「あっはい」
浦「あの~これも宣伝しとかないといけないんですけど」
珠「はい」
浦「みなさんファンの方は知ってらっしゃると思うんですけども」
亮「はい」
浦「サヤエンドウ!」
亮「あっ!!」
浦「でますよね?」
亮「あっそっかそっか、それがあるんやぁ~」
浦「おぉ~忘れてたんや~やっぱり」
珠「ちょっと忘れてた?」
亮「いやいや(笑)」
珠「なぁなぁ」
浦「一応言うときますと、3月4日から全国ロードショー予定の映画ワンピースTHEMOVIEカラクリ城のメカ巨兵って言うのかな?」
亮「そうです」
浦「この映画のワンピースの劇場版の主題歌をNEWSが担当すると言うことで」
亮「そうですそうです」
浦「来月発売になりますサヤエンドウって曲が一応出るっと言う情報を」
亮「はい」
浦「お伝えしときます」
亮「はい」
浦「で、まぁ何でもいいんですよ?」
亮「じゃぁそれでは・・・」
珠「うん」
亮「まぁ・・・(笑)じゃぁ無難にサヤエンドウ(笑)」
浦&珠  爆笑!
浦「普通にいきましたか?!」
亮「はい」
浦「それが一番あの~みなさん的にまるく収まると思うんで」
亮「ですよね」
浦「えぇ。で、曲紹介のほうお願いします」
亮「あっ!曲紹介」
浦「はい」
亮「えぇ~サヤエンドウどうぞ!」
珠  (笑)
浦「ありがとうございました」
亮「はい」
浦「錦戸亮くんでした~」
亮「ありがとうございました~」
浦「舞台頑張ってねぇ~」
亮「はぁ~い」
珠「バイバイ」

以上で終了!!!

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

志津嘉

  • Author:志津嘉
  • 年齢:27歳
    生息地;大阪
    関ジャニ∞が好き。
    特に錦戸亮が好き。
    お笑いも好き。
    旅行好き。
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
来客者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。